BEAUTY TIPS

美容の学び場

2023.08.06

最新!効果抜群!!脂肪溶解注射の有効成分!

みなさんこんにちは!
前回のコラムでは脂肪溶解注射の特徴についてお伝えしました。
リスクはできるだけ少なく、部分痩せを叶えてくれる脂肪溶解注射!!

今回は、レモンボトル 「脂肪溶解注射の有効成分」についてご紹介していきます★


<脂肪溶解注射の有効成分>
脂肪成分に直接働き、数を減らす効果のある脂肪溶解注射ですがどのような成分が入っているか・どんな効果があるかご案内していきます!

種類によって主成分が異なるので、代表的なものをいくつかご紹介していきます!


〈デオキシコール酸〉

数多くの脂肪溶解注射に使用されています!

デオキシコール酸を主成分としている脂肪溶解注射には次のようなものがあります。
《脂肪溶解注射》
・BNLSネオ(0.001%)
・BNLSアルティメット(0.02%)
・カベリン(0.6%)
・FatX(1%)
・FatX core(1%)
・カイベラ(1%)

デオキシコール酸の含有量が多ければ多いほど脂肪溶解効果は高まります。

しかし、それに比例して痛みや腫れなどの副作用も強くなってしまいます。
特にお顔で使用する場合は、腫れに注意し皮膚のたるみが起きないよう、注入量を調整する必要があります。

その他にも、Lカルニチン、アーティチョーク、ヒバマタなど、脂肪を溶解する成分を含んだ製剤があります。


注入後のダウンタイムも大事!

効果を実感するまでに、痛みや腫れが当たり前だったいままでの脂肪溶解注射。
しかし、最近ではダウンタイムがほとんど無く、効果実感が高い製剤も開発されています。

腫れや痛みが少ない脂肪溶解注射もある!

効果を出すためには、腫れたり痛みがないと効かないのか?!
いいえ!そんなことはありません!!

韓国やヨーロッパ圏など約50カ国で爆発的に人気で、ダウンタイムが少ないのにしっかりと効果実感できるレモンボトルという脂肪溶解注射があることをご存知ですか?

脱マスクでお顔周りのもたつきや、たるみが気になる方も増えてきているのではないでしょうか?
お身体への負担が少なく、成分にもこだわった製剤で安心して部分痩せを叶えていきましょう!


まとめ

白金ビークリニック本院では、成分や効果にもしっかりとこだわり、安心して部分痩せができる脂肪溶解注射をご提供します!

いままで諦めていたボディーメイクを、ぜひ叶えましょう!

WEBで予約 icon LINEで簡単予約