ポテンツァのダウンタイムって、本当に短いの?!

みなさんこんにちは!
ダーマペン の進化版とも言われている、複合施術のポテンツァについて詳しくお伝えしてきました。


今回は、ポテンツァのダウンタイムについて解説していきます★


ダウンタイムってなに?

施術を受けてから、通常の生活に戻るまでの期間のことをいいます。ダウンタイムの症状や期間の長さは、施術内容や患者の状態などによって異なり、個人差があります。

<ずばり!ポテンツァ後のダウンタイムは短い!!>
針を刺した部位にRF(ラジオ波)を流すことで止血し、傷の修復作用が高まり従来のダーマペン よりもダウンタイムが大幅に軽減しました!


<具体的な経過>

1)赤みは約1~2日で治ることがほとんどです
 長くても1週間ほどで落ち着いてきます

2)腫れは治療後が1番強く出ますが徐々に治ります

3)施術後1~3日後に針を刺した針穴がかさぶたになることあります
 肌が少しざらついて感じますが、6~7日目にはきれいに剥がれ落ちます

※ポテンツァは従来のマイクロニードル治療と比べて傷跡も目立ちにくく、ダウンタイムが驚くほど少ないのが特徴です。


まとめ


今回は、ポテンツァのダウンタイムについて詳しくご紹介させていただきました!
複合的に肌の土台改善が出来ると共に、ダウンタイムも経過が短いためぜひ試していただきたい施術のひとつです★

ご来院おまちしております!